裸の総理たち 32人の正体

裸の総理たち 32人の正体
  • ISBN-13: 978-4894519169
  • ISBN-10: 489451916X
  • 李白社/フォレスト出版(2010/1/8 出版)

渡部 昇一【著】

  • 定価:1,995円(税込)
  • 著者が生きてきた時代の総理32人のリーダーシップ
    鈴木貫太郎から鳩山由紀夫まで、戦後には32人の総理が誕生しています。
    彼らはなぜ宰相になれたのか。
    その正体を行動、性格、血、時代、
    また、総理としての功績や失墜の原因など
    評論家としての評価を与え、彼らのリーダーシップに採点を加えていきます。

    第一章 強運と武士道精神 鈴木貫太郎

    敗戦前夜、御前会議での決断/リーダーには牘伸瓩必要だ
    鈴木首相の武士道精神は日本人の誇り/「徹底抗戦」が当時の空気だった

    第二章 皇室の犖威瓩派霑解除 東久邇宮稔彦王

    皇室の犖威瓩療仂譟辛霑解除を成し遂げる
    「一億総懺悔」と重光外相/時代に翻弄された波乱の人生

    第三章 権力の猖睥呂般ノ廊瓠(掌挟扈渡

    権力は人を若返らせる/「人間宣言」の読み方
    「マッカーサーの五大改革」は無知に由来/GHQ民政局の狎屬だ衫寮策
    幣原外交についての脚注/「公職追放令」と「神道指令」の後遺症
    天皇巡幸の記憶

    第四章 狎簑亳⇔麓圻瓩鳩襪鵑世靴燭燭さ 吉田茂

    ころがり込んできた宰相の座/絶対的権力者マッカーサーを上手に利用
    吉田もまた犇運の人瓠神鏝絛軌蕕片肺飛行になった理由

    第五章 決断力・統率力を欠いたリーダー 片山哲

    「グズ哲」とあだ名された首相/戦後に禍根を残した民法改正

    第六章 秀才の悲運 芦田均

    筋金入りのリベラリストの登場/「芦田修正」の意味 芦田の悲運、吉田の強運

    第七章 戦後日本をデザインした統率力 吉田茂

    抜擢人事は一勝一敗(第二次吉田内閣)/GHQ民政局との暗闘ふたたび
    犁氾張好ール瓮好拭璽函芯拘政権にはメリットがある(第三次吉田内閣)
    「曲学阿世の徒」を叱る/サンフランシスコ講和条約の根本精神
    自分ひとりの責任で安保条約に調印/歴史評価は長期・短期で変わってくる
    「大東亜戦争は自衛戦争であった」というマッカーサー証言
    狎屬ざ擬瓩鮴犬鵑生職追放令/総数二十六万人の爛ビ切り畸嚢
    大宰相でも国民から飽きられる(第四次・五次吉田内閣)

    第八章 宰相を支えた狷盻の功瓠“兄外賚

    エリートだが迫力に欠ける猖靴舛磴鶲蕕銑瓠晋逃せない狷盻の功
    保守合同、日ソ国交回復/リーダーには理想が欠かせない

    第九章 「野人首相」の反骨と不運 石橋湛山

    二、三位連合で総裁就任/「心臓大臣」の面目躍如 国防の見通しは大甘だった「野人首相」

    第十章 戦後日本の枠組を築いた信念の士 岸信介

    勇気と潔さの人/岸信介という猊垓の精神
    統制経済から自由経済への転換は矛盾ではない
    安保条約改定の激動/テロは民主主義を破壊する

    第十一章 経済大国を実現した所得倍増計画 池田勇人

    所得倍増政策の犖罪瓠進言癖と低姿勢
    後継にはライバル佐藤栄作を指名

    第十二章 長期政権を実現した犹饉銑瓩鮹気襦〆監1漂

    長期政権の秘密/牘伸瓩世韻任覆政治的センスもすぐれていた
    佐藤首相の猗鶻忙宛饗Л瓩鬚瓩阿辰董榛監首相こぼれ話
    早期退陣表明は失敗だった

    第十三章 「闇将軍」の決断力・実行力 田中角栄

    世の期待を一身にになって「今太閤」登場/「コンピュータ付きブルドーザー」の剛腕
    日中国交正常化ウラ話/田中首相の金脈と人脈
    ロッキード事件および裁判の牋猫瓠身紳仗厂笋僚斗彑
    ロッキード裁判は日本裁判史上犧蚤腓留点
    先見力、決断力、実行力を駆使した田中政治

    第十四章 水清ければ魚棲まず 三木武夫

    「角栄憎し」で首相の任務を逸脱
    爛リーン三木瓩農治はかえって悪くなった
    靖国参拝でも禍根を残した

    第十五章 爛椒織鵑粒櫃碓磴き瓩鷲垤の元 福田赳夫

    造語・警句で人気を博す/大秀才の蹉跌

    第十六章 危機意識が強かった知的首相 大平正芳

    イメージとはちがい非常に知的だった/「政治は国民に幻想をいだかせてはならない」

    第十七章 人柄だけで指導者は務まらない 鈴木善幸

    「暗愚の宰相」という評/歴史教科書問題の責任は重大だ
    「大死一番」退陣を表明

    第十八章 「罪」が「功」を上まわった長期政権 中曽根康弘

    中曽根主計中尉と靖国参拝/暗い影がつきまとう宰相
    日米蜜月時代を築いた「ロン・ヤス関係」
    国鉄民営化の功績は計り知れない
    政府見解をネジ曲げた後藤田官房長官、小和田条約局長
    大勲位を剥奪すべし!

    第十九章 気配り・目配り・金配りの人 竹下登

    「十年たったら竹下さん」
    消費税導入は「一内閣一仕事」の大功績
    コリアン・ルートの影がほの見える

    第二十章 リリーフに失敗した文人宰相 宇野宗佑

    首相在任六十九日のお気の毒/首相になりさえしなければ

    第二十一章 人気先行型リーダーの悲哀 海部俊樹

    看板の役目を課された狠ボタ首相
    墓穴を掘ったリアリズムの欠如

    第二十二章 首相が犯した犢饌嬰行為瓠ゝ楝喜一

    英語に助けられた人生/宮沢喜一狢莪譴糧蛤甅
    宮沢喜一狢萋鵑糧蛤甅瓠慎楝首相はほんとうに経済通だったのか
    「自民党の徳川慶喜」など、おこがましい

    第二十三章 殿さまには歴史認識が欠けていた 細川護煕

    「混乱期こそ血統」で選出される/歴史認識の無さが国家に害を及ぼした
    首相になれなかった自民党総裁・河野洋平について一言

    第二十四章 短命に終わった傀儡政権 羽田孜

    バスの車掌も務めた牋杰Г亮鸛雖瓠神鏝綟麋嵬椶涼嗣神権

    第二十五章 いまも禍根残す謝罪談話 村山富市

    社会主義者を首相にした牋魔の選択瓠拭崑嫉鈎模叩廚篭鬚旅頂
    阪神大震災と村山首相/子孫にダメージを与える失政の数々

    第二十六章 女と金でつまずいた猖靴舛磴鷦鸛雖瓠ゞ極槊饗析

    爛魯法次Ε肇薀奪廰瓩砲かった坊ちゃん宰相/経済に祟られた内閣

    第二十七章 「凡人宰相」の功罪 小渕恵三

    「凡人」を自覚していた非凡/その功績とその失政

    第二十八章 リーダーには正統性が欠かせない 森喜朗

    最初から正統性を疑われた首相/マスコミに叩かれつづけたお気の毒

    第二十九章 爛侫韻虜冒雖瓩猟命簿 小泉純一郎

    郵政民営化はアメリカにそそのかされたのではない
    みごとに爛侫鵜瓩進竸誉治家/最良の日米関係を築いた功績ははかり知れない
    加藤紘一氏と対比して/皇室典範改悪の危機一髪
    戦後、特筆すべきキャラクター

    第三十章 再登板を望みたい犂望の星瓠^打椰源

    わずか一年のあいだにもそれなりの成果を/最大の過ちは米国での牋岼舵惻婪甅
    なぜ議場で倒れなかったのか

    第三十一章 宰相になるべきではなかった宰相 福田康夫

    無気力な人をトップに据えてはいけない/「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張」

    第三十二章 国民を裏切った大宰相の孫 麻生太郎

    祖父の偉業を否定した麻生首相/田母神問題が命取りとなった

    著作の画像やリンクをクリックすると、その本を注文することができます!まだお手元にない場合は今すぐクリック!